インターネット型自動車保険の仕組み

自分で見積もりをして手続きをする

自動車保険に加入する方法として代理店などで営業担当者から提案を受けるときがあるでしょう。見積もりなどは営業担当者がすべて行ってくれ、その見積内容に納得すればサインをするだけで手続きは完了してしまいます。保険加入の手続きが煩わしいと思う人なら代理店の方がいいかも知れません。その他にインターネットで加入する方法があり、こちらはすべて自分で見積もりなどの手続きをします。直接損保会社のサイトにアクセルして入力するときもあれば、比較サイトから一括見積を出して最も安い見積もりを出した損保会社で手続きを進めるときもあります。インターネットで加入するときは保険の知識が必要になりますが、各サイトに専門用語集などが用意されているのでしっかり準備すれば誰でも手続き可能です。

特定の営業担当者はつかない

代理店で自動車保険に加入するときは、加入時に提案をしてくれた人が営業担当者となり将来的なサポートもしてくれます。名刺などに連絡先が書かれているので、万が一の時はそちらに電話をすればいろいろな対応をしてくれるでしょう。インターネット型自動車保険を運営する損保会社には保険を販売する営業担当者がいなかったり少なかったりするので、加入時に特定の営業担当者がつかない仕組みになっています。万が一のトラブルが起きたときは加入者共通の電話番号に電話をし、コールセンターの担当者が事故の様子などを聞いてくれます。顔が見えない分不安になるときもありますが、代理店型同様に事故時のサポートをしてもらえるので心配する必要はないでしょう。