インターネット型自動車保険の手続き方法

自動車保険の手続き方法の種類

自動車保険のうち、強制加入とされる自賠責保険は車検の際に保険料を支払えば自動的に加入手続きが完了します。任意保険の場合は、店舗に行ったり、郵送により必要書面を送ったり、またはネット上で契約することにより手続きできます。店舗で手続きする際には、運転免許証や車検証を持参することが必要になるでしょう。運転免許証だけでも手続きできる場合もあります。店舗では対面式で運転免許証の写真による本人確認が容易なため、スムーズに手続きできます。郵送であれば、運転免許証や車検証のコピーなどを添付することを求められることがあります。車の所有者以外にも運転する人がいるか、また車の使用目的は何か?などの点についても書面に記載して返送しなければなりません。郵送なら封書のやり取りだけで済むので、店舗に赴く必要がなく便利だと言えるでしょう。

インターネット型自動車保険の手続きは簡単

インターネット型自動車保険なら、運転免許証のコピーを添付する必要などはありません。運転免許証の番号や種類を入力すれば十分です。優良ドライバーであれば、運転免許証の種類はゴールド免許になります。ゴールド免許なら、保険料も安くなるのです。運転者の範囲や使用目的をはじめとして、走行距離のほか車種や車のナンバーも入力します。走行距離も自己申告であり、車のメーターの写真などは必要ありません。走行距離によって、自動的に保険料が決まります。 補償内容も、項目をクリックするだけで簡単に選択できます。店舗の無いネット型自動車保険は、店舗の賃料や人件費を節約できるため、保険料が割安となっていることが特徴だと言えるでしょう。インターネットで手続きすれば保険料が大幅に割引され、早い時期に手続きすることにより早割が適用されます。契約書についても、紙媒体でなく電磁式媒体に留めれば、保険料が割引されるでしょう。